「石釜ナポリピッツァ」と「生パスタ」のイタリアン NAPOLI WORKS(ユニモール)

「石釜ナポリピッツァ」と「生パスタ」のイタリアン NAPOLI WORKS(ユニモール)

 

場所:

map住所:住所:名古屋市中村区名駅4-5-26 ユニモール内
詳しくはこちらをクリック

名古屋は名駅二丁目交差点よりジュンク堂方面に向かって徒歩4分にあるユニモール6番入口入ってすぐになります。

名古屋駅からであれば、地下街のユニモールを通って徒歩3分程度でしょうか。雨が降っても関係ないのが、うれしいですね。

ここ最近、ユニモール内が一気にリニューアルしまして、そのリニューアルの一つだとおもいます。

通路からもイタリア国旗が見えるので、あ、またイタリアンができたな、ってすぐわかります。ピッツァ好きな自分にはうれしい限りです。どんなのが食べられるのかたのしみにしてまして。

こちらはお持ち帰りもやっているようですので、利用方法がいろいろできて、いいですよね。

 

店内風景:

意外に店内は広くって、壁際はそわー席になってます。そこにずらっとテーブル席がならんでまして、通路側にはガラス張りでカウンター席になってます。

entよくあるカフェすたいるですね。これ、食事しているのが丸わかりなのが、ちょっと嫌なんですけどwスタバとかは、外向きはガラス張り、だったりしますが。

で、総座席数としては、50名くらいはいけるのかな、という広さに加えて、お持ち帰り用のカウンターが通路に面しています。

内装は、うーん、これといってすごいってことはないんですが、さすがにできたばかりなので、いろいろなものが新しくて気持ちいですね。テーブルは木製でナチュラル感があるかな。

今回は壁際のソファー席にすわってしまったんで、他の席の座り心地はわかりませんが、ほかのユニモール内のお店と同様、長居する雰囲気はありませんね。

tenna買い物中で食べて出てくってのもあると思いますし、サラリーマンもおおくいます。デート中ってお客さんももちろんいるでしょう。

ただ、長居するようなランチ女子会みたいなお客さんは、ちょっとあわないかな。

カウンター席もおおいので、おひとりさまでも十分入れますね。

 

客層:

いろいろですね。

買い物途中であろうおばさま方からサラリーマン、若い女性から子連れのお母さんまで。

私のようにひとりの客も数名はいましたし、デートの途中、って雰囲気の方もいました。

menuユニモールはいろいろなお客さんがいますし、12時をまわるとサラリーマン客がどっと押し寄せます。この通りの他店でも並びが出るくらいに。

地下通路は、買い物できるところであり、買い物の移動場所であり、上にはオフィスビルと、いろいろな顔をもってますね。

 

ランチメニュー:

ランチメニューに特化した話ではないかもしれませんが、私としてはまず第一にピッツァに 目がいってしまいますねぇ。もちろんパスタランチもあります。

全体的に若干高いかな、というのはやはりユニモール料金でしょうか。地上にあるイタリアンのお店では980円でマルゲリータのピッツァランチを提供できるのに比べ、 こちらだと1400円以上はします。

他のピッツァであれば1000円くらいからはありますけどね。

ということで、今回のランチメニューは、イタリアンピッツァランチのなかから、 クワトロという四種類のチーズをのせたピッツァをチョイスしました。

mainのっているは、チーズのみです。トマトソースとかサラミとか、そういうのは一切なし。

私、チーズが大好きでして、このチーズの濃厚さだけで十分おいしくいただけたりします。チーズ好きの方だけでなくイタリアン好きならだれでも納得だと思いますよ!

絵的には非常につまらない絵になってしまいますがw

で、お味はというと、生地がふわっふわでもっちもちなんで、私の好みドンピシャでした! これに濃厚なチーズがからんで、何とも言えないお味です。

こちらのクワトロははちみつをかけて食べてもおいしくて、半分ははちみつでいただきました。ゴルゴンゾーラのふわっと来る何とも言えない香りとはちみつの甘さの絡み合いが何とも。

cofランチタイムはサラダと飲み物がついていまして、食後にコーヒーをいただけます。

ピッツァ一枚ではおなか一杯!とはなりませんが、コーヒー飲みながら一息ついてみるもいいかも知れませんね!

 

 

営業時間:

ランチ営業につてはユニモールの営業に準じますので、ほぼ無休となっちるでしょう!

土日も営業していますので、急な用事にランチどうしようってなっても安心ですね。

 

正確な情報はこちらよりご覧ください。

>>NAPOLI WORKS ユニモール店

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ