熱烈的中華 四川菜園

熱烈的中華 四川菜園

 

map場所:

住所:名古屋市中村区名駅3-15-8 名駅グルメプラザ 6F
詳しくはこちらをクリック

名古屋は名駅二丁目交差点より名駅方面にむかって徒歩2分、といったとこでしょうか。名古屋駅からはほんとにすぐそば。徒歩2分ほどで行けてしまうのではないでしょうか。

立地的には最高の場所にあって、かつ、このグルメプラザというテナントビルの周辺には飲食店が多く、かの叙々苑も近くにあったりしますね。

ランチ営業しているところはあまり多くありませんが、夜になると飲み会客でにぎわってます。

entこちらの四川菜園さんは名前からもわかる通り、名古屋には数少ない中華を食べさせてくれるお店ですね。

 

店内風景:

テナントビルの1フロアのお店になります。名古屋駅周辺には少ない中華のお店ですね。

エレベーター降りて直にお店となってます。

正面に洋風な椅子テーブル席、右手はいかにも中華、という感じの装飾のされたテーブル席がかなりの数用意されています。

最大人数は、どうでしょう。かなりいけるんじゃないですかね。

今回ランチで訪れた日は中国人の団体客がいまして、ざっと40人以上はいましたでしょうか。それでもまだまだ席は空いてましたので、100名位は入れるのかな?

お店は完全に異国ですね。中国ですね。

tennai1内装はもちろんのこと、店員さんが中国人なんですね。店員同士で話すときは中国語。

店員さんの中には日本語が全くダメなのか、給仕をしてもメニューの名前を聞くだけで他は何も話さない、みたいな感じだったりします。

椅子やテーブル、柱にある装飾品まで、中国感あふれています。

わたくし、サラリーマン時代にはよく深浅というところに行ってたんですが、ここまでコテコテの中国ってないよなぁってw

それとも、北京や上海はこういった感じなのでしょうか。
あるいは、日本仕様?アメリカの日本料理店の内装が嘘っぽいのと同じでw

店員の中国語なまり?の日本語が、中国気分を味合わせてくれますね!

これぞ、中華です!

 

客層:

ずばり、男!

サラリーマンにしてもガテン系にしても、とにかく、男コトコ男!

やっぱり辛くて、におって、ガツンと食べれるものといったら、男ですよねぇ!

menu11時半と早めのランチに行ったんですが、すでに何組か食事されてました。帰りの12時過ぎにはもう長蛇の列が。

中国人の団体様が先約でいたのもあるのでしょうが、なぜここまで人がいるのか。

わかる気がします。

あとでも述べますが、お値段とその量たるや。間違いなく、何かのランキングには入れないといけないだろう!と思わせるくらいです!

 

ランチメニュー:

ランチメニューはかなりお得です。

ラーメンやその他単品などは620円から。ラーメンと飯物セットでも770円、定食に至っても770円とかなりお得になってます。

中国人経営の中華料理屋の特徴ですね。

men770円っていうのは、何か協定でもあるのでしょうか。サラリーマン時代良く行った四川料理のお店もそうでしたね。値上がる前は720円だったんですが!

で私が頼んだものがくるまえに隣の席の唐揚げ定食がきたんですが、またこの唐揚げの量がはんぱない!

普通の日本のやってるお店の倍近くはあろうかという大きさの唐揚げが、ごろごろと。びっくりするくらいの量で。

御飯もお櫃に入ってお代わり自由なのかな?特に記述はありませんでしたが。

で、自分が頼んだランチメニューはラーメンセットの四川ラーメンと中華飯。

どうでしょう。このラーメンの色、辛そうな色!

真っ赤のスープ!最高ですね!食欲をそそりますね!

なんせ、辛いもの好きなんで、たまりませんよ。しかも、これはほんとに現地の香りがします。

hanなんでしょう、八角でしょうか。
ダメな人はほんとにダメな匂いですね。

ちょっとむせそうになるくらいの辛さでしたが、まだまだいけそうです!

で、セットの飯物は中華飯。

こちらの中華飯は甘い味付けでした。いいですね。この中華飯も。

好みの味です!

で、この二品でおなかは一杯になるのはあたり前です。当然満足!

これはやっぱり、辛くて、においがすごくて、がっつり行きたい人にはもってこいですね。

また、そんなお店なんで、ひとりで来ても全然問題ない感じです!

そして何より安いのが毎日づかいのランチ店にするにはうれしいですよね!

うん、これはランキングものだ!

 

 

営業時間:

ランチ営業は土日の行ているようです!

そしてなにより、ランチ営業開始時間が11時からと、早いランチにも対応できる時間です!うれしい限りですね!

 

正確な情報はこちらよりご覧ください。

>>熱烈的中華 四川菜園

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ