名古屋駅のピッツアランキングといえば外せないイタリアンレストラン! ディアボロ バンビーナ

二丁目交差点のすぐ裏にある飲食店が立ち並ぶ一角のイタリアンレストラン

map住所:名古屋市中村区名駅3-11-17

名古屋駅は、名駅二丁目交差点から名駅3丁目に向かって、三丁目交差点手前を左に曲がったところにあります。

名駅二丁目交差点より徒歩で数十秒、名古屋駅からは3分、といったところでしょうか。

名駅二丁目交差点の裏って感じですね。

飲食店が4軒ならんだ店舗の真ん中になります。こちらの並んだお店はどうも同じ会社が運営しているような感じですね。

entテント張りの屋根が印象的です。

イタリアンにありがちな、そして他のフレンチレストランもそうだったんですが、このひさしの目印は印象に残りますよね。

イタリア国旗も、ここにイタリアンありまっせ!って主張してます!

 

芸能人御用達?田舎町のイタリアンレストラン風素朴な店内

ガラス張りのエントランスを入ってすぐに2名テーブルが10テーブルほど。そして正面がキッチンになります。 2階も客室があるようですが、どれだけの規模かは不明です。

2階席は、おそらく30人くらいかな。合計で50人は収容できそうな広さと思います。

お店に入ると壁一面にTV取材で来た芸能人だのの書き込みがびっしり。時期を見ると2010年前半ばかりなので、そのころにできたお店なのでしょうか。

今はスペースがないために打ち止め、みたいな感じになってますね。

tennai内装は、何でしょう。表現は難しいのですが、田舎のちょっと古びたイタリア風の家みたい感じですね。古びたといっても、普通に清潔感もあって。

当然といえば、当然なんですが、ワインの並んでいる棚とかも一切埃なく。なんでしょう、すごい!というわけでもないので、表現が難しいですが、イタリアの田舎の雰囲気でイタリアンを楽しむ!というコンセプトでしょうか。

キッチンが客席のすぐそば、あえて見せているであろう石窯でピッツァの焼ける様子がよく見えます。

店内にはテンポの良い洋楽が流れていますが、私は洋楽がよくわからないので、何が流れているのかさっぱりですが。。

席数の割に店舗スペースが狭いので、テーブル間が非常に近く話し声が多くを占めていますね。

壁側はソファー席、向いが木製の椅子せきになっているので、一人だったらソファー席で落ち着くこともかのうかな。木製椅子席は、硬そうですが、食事時間くらいなら問題ないでしょうね。

カジュアルな雰囲気でデートに女子会におしゃべりを楽しむ

ランチスタート時点ではサラリーマンやOLがとにかく多いな、という印象ですね。12時半ばをまわってお仕事する人が引いていったあとは、まぁ、女性だらけですね。女子会、とまではいかないですが、お友達と二人でランチ、というお客様が多かったですね。

menu あとは、デート客もいましたね。

お店の雰囲気、料理のお値段などを踏まえると、オールマイティーなのかな。

スペースがちょっと狭いので、おしゃべりで長居はどちらかというとしにくそうな雰囲気です。

ランチ女子会は、ちょっとむつかしいかな。あ、二階があるので、そっちだったら大丈夫なのかな?

ピッツァはおいしいし、お値段も手ごろだし、二階が広いのであれば、女子会にもちょうどいいイタリアンでしょうか。

私の場合、食事終わってコーヒー飲みながら、レポート書いてますけどね。1時くらいになればそれもいいかもしれませんが、12時台はサラリーマン等が待っていそうなんで、ちょっとあわただしいかも。

ここのピッツァは、はっきりいって、「ランキング」に入れようかと思うくらい、あ、ランキングを付けようとしているのですが、おいしいので、イタリアンランチデートで彼女をもてなすのにはいいところだと思います。

ちょっと遅めに入ると、いいですね。

 

最高においしいマルゲリータはピッツァランキングがあったらトップです!

ランチは基本的にパスタランチかピッツァランチですね。どちらにしても、ここは非常に評判がいいです。

特に、マルゲリータは石田純一が認めたほど、だそうです。ほんまかいなwでも、そう書いてあるからしかたありませんね。

石田純一が来てるってことは、やはりデートにもってこいなんですよね、きっと!

ランチにはスープとドリンクもついてきます。 結構お得です。

pizで、今回ここでの注文は、当然マルゲリータ!やっぱりイタリアン、ピッツァの王道はマルゲリータでしょう!

確かにこれは、自分のすきーなピッツァな感じです! ふわふわの生地に、トマトそのままのトマトソースに、たっぷりのモッツァレラ!

これぞ、ほんまもんのイタリアンピッツァなんだろうなぁ、と思いつつかぶりつきました!

やっぱりうまい。ここのマルゲリータはかなりうまいです。さすが石田純一!

このトマトソースの味が、いろいろお店で違うんですよね。変に味付けをしてしまうと、お菓子ピザみたいになっちゃったりして。絶妙の塩加減を求められるのでしょうか。

そんなことはどうでもいいですね。

 

もちろんデートや女子会にも使いやすい土曜日曜営業!

ランチ営業も年中無休行っているのが、うれしいですね。

困った時のイタリアンランチ、どうでしょうか。

 

正確な情報はこちらよりご覧ください。

>>ディアボロ バンビーナ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ