たま~に無性に食べたくなる行列激辛中華 想吃担担面(ユニモール)

たま~に無性に食べたくなる激辛行列中華 想吃担担面 ユニモール(シャンツーダンダンミェン)

 

map場所:

住所:住所:名古屋市中村区名駅4-5-26 ユニモール内
詳しくはこちらをクリック

名古屋は名駅二丁目交差点よりジュンク堂方面に向かって徒歩4分にあるユニモール6番入口入ってすぐになります。

名古屋駅からであれば、地下街のユニモールを通って徒歩3分程度でしょうか。雨が降っても関係ないのが、うれしいですね。

ここ最近、ユニモール内が一気にリニューアルしまして、そのリニューアルの一つだとおもいます。

紫の看板がなんともいえませんが、担々麺専門店ってことで中華でも珍しい部類ではないでしょうか。このあたりでも、珍しいのではないかと思います。

何店舗か名古屋に展開しているようで、近くではエスカ地下街にもあるようですね。新幹線口側に位置する地下街ですね。

たしか、ルーセントタワーにも担々麺がおいしいお店があるときいたことがありますが、そことは関係ないのかな?

 

店内風景:

席数は、よくわかりませんでしたが、あまり広くないように思います。カウンター席が入って左手すぐにずらっとならんでまして。結構つめつめになってしまいますね。
(ネットで調べたところ、37席とありました)

ent店内の装飾などは中国からもってきたものかもしれませんね。それなりに中国風になっています。

店員さんも完全に中国人でして、シェフなどはあまり日本語がわからないようで、ホールの日本人とのコミュニケーションが大丈夫か?って球に思ってしまいますw

開店して間もないのか?ちょっとキッチンが混乱気味だったりしました。

ただ、12時を過ぎると行列ができるのは知ってまして、今日は11時半くらいにはいったんですが、それでもギリギリでしたね。有名店なんでしょうか。

先にも述べた通り、ユニモール以外にも何店舗か名古屋に展開しているようですし。私は見たことがないんですが。

店内には本格的な中華の香りも充満していました。八角のにおいかな?ちょっとだけ懐かしいなぁ。このにおいダメな人はダメなんだよなぁ。

でも、その独特の香りと辛さって、ほんと、たまーに無性に食べたくなっちゃうんですよね。そういうの、ありません?

 

客層:

他のユニモールのお店と比べてサラリーマン率が高い気がしました。辛いからかな?辛いとサラリーマンが多いっていう理屈がさっぱりわかりませんがw

あと目立つのは、ひとり客が結構多いということでしょうか。で、さっと食べてさっとかえっていくと。

お店の感じからして、担々麺を食べる!という目的のデートならありかもしれませんが、おしゃべりをという感じではないので、女子会には向かないように思います。

辛さが選べるので、めちゃ辛いの食ってみようネタ的デートには最適ですw

menuもちろん、ビジネスユースもむつかしいでしょう。

買い物途中の女性がひとりで寄るというのも多そうな雰囲気です。

で、先にも書きましたが、12時を過ぎると行列ができてきます。行列のできる激辛中華ラーメン店、ですね。

 

ランチメニュー:

担々麺をメインにしたメニューばかりですね。ランチとかディナータイムとかの区別はよくわかりません。

で、今回注文の品はもちろん担々麺。担々麺の種類もいろいろあるようですが、最もベーシックなものです。

この赤いスープは、食欲をそそりますよねぇ。めちゃくちゃ辛いかというと、そうでもない。見た目の赤さからかんがえると、それほどでもないので。

mainカウンターにはラー油の便もならんでますが、それはつかいませんでしたけどね。

注文時に辛さの調整もできるようでして、もっと辛くもできるようです。

あとは、服にはねるといやですが、ちゃんとペーパーの前掛けをだしてもらえるので、ありがたいですね。それはサラリーマンも気軽にこれるわって。

ただ、こちらもユニモール価格なのか、若干高い気がしますが、他の店を知りませんw

そうそう。辛いものランキングでも作ろうかな。実は辛いものが好きな私でした。ランキングにするには、うーん、それなりに店舗数がいるなぁ。どこがランキングに乗るほど辛いのだろうか。

 

営業時間:

ランチ営業の時間帯はいまいちわかりません。また、ユニモール営業と一緒なので、土日も営業しているところがうれしですね!

 

正確な情報はこちらよりご覧ください。

>>想吃担担面 ユニモール店

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ