本格タイ料理レストラン スコンター

本格タイ料理レストラン スコンター

map場所:

住所:名古屋市中村区名駅3-16-14
詳しくはこちらをクリック

名古屋は名駅二丁目交差点をジュンク堂方面に向かって徒歩3分といったところかな。

ビッグエコーなどいろいろなテナントが密集する地帯を少し外れたところになります。名古屋駅から来ても徒歩5分はかからない、比較的近い場所になりますね。

これだけ近いところにお店を構えるのは、なかなかむつかしいのでは、と思ってしまいます。が、いろいろ調べると、オーナー会社は居酒屋展開をしている会社のようですね。

この立地でお店をだせるのも、納得。

 

ent店内風景:

入ってすぐ左手にテーブル席が二席。その奥通路にカウンター席が5名分。その奥にテーブル席が4,5席でしょうか。

そのさらに奥になりますが、テラスにもテーブルがあるのですが、そちらは使っている実績はあるのかは不明です。中庭、というと大げさですが、囲まれているのでプライベートスペースになるような気がします。

あと、入り口正面に2階への階段があるのですが、つかっているのかな?ちょっと不明です。調べたんですが、あまり情報がなくって。

こちらはアジア料理のお店によくある、その土地のオブジェをふんだんに使った異国情緒を醸し出す内装となっております。

置物とか、チラシとか、いろいろと。

で、スタッフさんもさらに本場のタイ人(だと思いますが。。。)なので、これまた本場のタイ料理を提供してくれそうだ!と思えること間違いなしです!

tennai片言の日本語でメニューを聞いてくれます。

BGMもタイの音楽(これもまた、確証はないのですが、たぶん。。少なくとも東南アジア)が流れてます。インド料理とかも、大体インドの音楽使ってますよね。どこか共通するものがあるように思います。

テーブルは木をそのまま使ったもので、ほかのインテリ合わせて全体的にナチュラルな感じですね。落ち着いて食事ができることでしょう。

 

客層:

お客さんは、間違いなく女性です。少なくともグループに女性が必ずいます。

お値段が安いのでサラリーマン客もたくさんいてよいきがするのですが、やはりこういったにおいがしそうなものは敬遠されるのでしょうか。

あ、サラリーマンの方もいましたが、部下なのかわかりませんが、若い女性を連れて、でしたね。男同士は、やっぱりないですね。

男性は比較的香草系って苦手だったりしますし、お昼には慣れ親しんだ和風を好む、ということでしょうか。女性連れのデートチックなランチには向いているのでしょうw

 

menuランチメニュー:

ランチメニューはリーズなるブルです。800円から頼めます。
またアラカルト的に一品料理もいろいろついていますので、おかずと御飯の注文というのもありでしょう。
もちろん、カレーもいくつか載ってますよ。

巣タフにそのようなできる限りのタイ表現の最後に料理(だと思います!)ですね。

もちろん、料理も本格タイ料理レストランとうたっているたため、タイ人のシェフが、現地の食材を使って
料理しているのだろ!との期待がわきます。
今回注文したランチメニューは、、食事のセットメニューではなくって、トムヤムクン!

やっぱりタイ料理といったら、この世界三大スープであるトムヤムクンを頼まないと始まらないでしょう!

とうことで、食しました!

まずは、、なんというんでしょう。すっぱくて辛くて、そのあとにはほんのり甘さが出てきたりと、
いろんな味が出てくるスープなんですね。

いろいろな癖のある香草類も複雑な味にしてくれているように思います。

meinそして現地食材でしょうか。
いろいろなキノコ類が入っていまして、つるっというかぬるっというか、いろいろな食感で楽しませてくれます。

ただ、キノコの傘に似た竹?のような香草という言うか、香木というか、もあって、
それをガリっといった日には、たいへんですねw

あとは、パクチーが苦手な人は、間違って噛んでしまったら大変ですね。
刻んで入っているようなので、その状態では風味がするな、くらいですけど、噛んでしまったらもう
口の中にぶわっと広がってしまいます!

私は結構食べたことがあるんで、驚かなかったんですが。

何にしろ、ふくざつーなスープをいただきました。
初めての味わいですね。

で、うれしいことに、こちらのトムヤムクンですが、ランチ時の価格は500円です!
どうも夜になると1000円以上するようですが(分量が違うのかな?)。

この一杯を食べに行くだけに入ってもいいんじゃないかな、なんて思ってしまいました!

 

営業時間:

ランチ営業は日曜も行っております!うれしいですね。

ランチ営業時間は11:30~14:00とのことです。

 

正確な情報はこちらよりご覧ください。

>>本格タイ料理レストラン スコンター

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ