ひとりでも、デートでも!大人の雰囲気にこだわったインテリアに職人和食もおいしい割烹 重治

リニューアルしたテナントビル6F 大人なおしゃれな和食をいただけます

map住所:名古屋市中村区名駅2-36-8
知多屋名塩ビル 6F
詳しくはこちらをクリック

名古屋は名駅二丁目交差点をルーセントタワーのほうにすこしいったところの総飲食店テナントビルの6Fになります。

交差点から徒歩1分とかからないでしょうか。名古屋駅から出あれば徒歩5分くらいでしょう。

ent最近店舗が総入れ替えになってきれいになったテナントビルです。

いくつかランチができるお店が入っているので、そちらも随時紹介しますね。

今回は尾の中でもちょっとインパクトがなさそうな和食屋さん重治さんに行ってみました。

お店の印象は、どうだったでしょうか。

 

窓のない店内は薄い明り、和食に合いそうなテーブルソファが並べてあります

入って左手のカウンター席が8席、中にスクウェアテーブルにソファ4席が3つと和食屋にしては
珍しいテーブル+ソファ仕様と、個室が何室かあって、およそ40名程度の収容人数でしょうか。

もともとそれほど大きなテナントビルではないフロアに2店舗はいっているので、やや小ぶりな印象でしょう。

で、室内は黒、こげ茶の濃い色をベースに木材色を使った、かなりシックな内装になっていまして、窓が一切なく、照明も若干くらめなので、かなり大人な雰囲気がしてきます。

そして先にも挙げていた通り、和食屋なのにソファー席というちょっと新しい感じがしました!

tennaiカウンターの間の前は調理場になっているので、こちらも調理が見られるのと、目の前にはおばんざいを盛り付ける器がすらっと並んでいました。

夜だとここにいろいろなメニューが並ぶのですね。

個室まではのぞけなかったので、どういった雰囲気になっているかはわかりかねますが、きっと
良い感じであるのは間違いないでしょう!

そしてBGMもフリージャズがながれたりと、こちらもアダルトな雰囲気を演出するために気を使っているように思います。

ランチに入った時間が早かったので一番客でしたが、ここで一人客っていうのは結構贅沢な感じですw

 

tennai2客層:

すみません。スタートがはやかったので、どんなお客さんが来るのかいまいち不明。

ランチを食べ終わってお店を出る前にサラリーマンが何人か入ってきたのと、外のエレベーターではサラリーマンとOLがわんさか並んでいましたので、基本的にこういった方々がメインになるのでしょう。

40代から上の方が多かった気がします。

お店が込み合っても落ち着いた感じになるのかな、と思います。

menuと、あとはこちらのお店の雰囲気からして、一人で来ると落ち着けるのかな、という印象を持ちました!

ランチしながらお仕事の話もしやすそうな感じですね。個室もあるので。

 

ランチメニュー:

ランチメニューはおばんざいを中心としてメイン料理を付けるといった感じでしょう。メイン料理は日替わりでいろいろあるそうです。

価格については1000円からとこのお店にしてはいただきやすいお値段だな、と思いますね。

ということで、本日のランチはお店の名前にもなっている重治定食をいただきました。そして本日のメイン料理は親子丼というこです。

aminおばんざいと丼ものということでかなりのボリューム感でになりますね。女性だと食べきれないんじゃないかな、と思うくらい。

魚の煮つけ、ふきのお浸し、ジャガイモの煮物、お味噌汁、お新香。そして、メインの親子丼と。

で、この親子丼のご飯の量も多いですね。

通常の定食屋さんんでたべる1.5倍、まではいかなくても、おおいな、という印象です。

最近は量が増えてるのかな?全体に。わからないですが。

で、おばんざいは醤油ベースのおちついた味付けとなっています。京風のような出汁メインの薄味ではなく、しっかりとした味付けになってますね。名古屋仕様かな、それも。

main2メインの親子丼は、とろとろの卵にそこそこちゃんと鶏肉もはいってて、甘辛く味付けされたたれによく絡んでいました。

ちょーっと味付けが濃かったかな、という印象はありますが、それは私個人の指標なので、そこはお好みですね。

日替わりのメイン料理だったので、その他の日はわかりかねますが。

 

営業時間:

ランチ営業につては、ちょっと不明ですね。月から金まではやっているのは確実なのですが。

その他情報サイトにも時間、曜日の記載がないので、正確なところはわかりません!

 

一応、こちらをご覧ください。

>>おばんざい割烹 重治

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ



このページの先頭へ